東京オリンピック招致

東京大学池内・大石研究室と共同で、2016年東京オリンピック招致に向けたMixed Realityシステムを開発。キヤノン社製MR Platform12台を同時制御するネットワーク型システムを構築し、晴海埠頭の建設予定地にスタジアムのCGモデルを合成しました。IOC委員の現地視察におけるMRデモ、およびスイス・ローザンヌでのVRデモを行いました。

画像提供:東京大学池内・大石研究室