iPad向け歴史観光VRアプリ「バーチャル飛鳥京」をリリース

2017年1月18日

奈良県明日香村(以下明日香村)と株式会社アスカラボ(本社:東京都目黒区、代表取締役:岡本泰英、以下アスカラボ)は、iPad向け歴史観光・教育アプリ「バーチャル飛鳥京」を無料にて配信いたします(2017年1月20日より配信開始)。


three

アプリのスクリーンショット

失われた飛鳥京の建造物とその成り立ちをVRで

明日香村は飛鳥時代よりの長い歴史を持つ古都であり、現在も修学旅行や歴史探訪の旅のスポットとして人気があります。
しかし、多くの建造物が既に失われていること、地下に眠ったままの遺構も多いことから、当時の様子をイメージしずらい、という要望もありました。
本アプリでは、そうした飛鳥時代の建造物をコンピュータグラフィックスで復元し、往時の風景と現実の風景を重ね合わせたVR映像として提供いたします。
水落遺跡、甘樫丘からの眺め、川原寺、飛鳥寺、浄御原宮跡、石舞台古墳の村内6か所のコンテンツを収録しています。

360度VR映像

いくつかの場面では、周囲360°全ての風景を再現したVRコンテンツを楽しむことができます。
タブレットをかざすと、その方向の映像が見られるようになっています。
あたかも飛鳥時代をタブレットという窓から覗き込んでいるような体験ができます。

成り立ち、歴史背景の解説

各遺跡コンテンツには、その成り立ちや当時の歴史背景などの解説を聞くことができます。
VR映像と共にお楽しみ頂くことで、飛鳥京への理解がより一層深まります。

修学旅行・歴史探訪ツアーのおともに

修学旅行で飛鳥時代の様子を学生に伝えることが難しいとお悩みの学校関係者の方々、明日香村の特徴をもっと分かりやすく観光案内できないかと考えの旅行関係者の方々もツアーを盛り上げる教育・観光ツールとして是非ご利用下さい。

多言語対応

本アプリは日本語、英語、中国語、韓国語の4か国語での表示、解説に対応しております。外国からの旅行客の方にもおすすめです。

ダウンロード

「バーチャル飛鳥京」は、Apple App Storeからダウンロードいただけます。
以下のリンクからもダウンロードが可能です(iTunesもしくはApp Storeアプリが起動します)。

Download_on_the_App_Store_JP_135x40

対応機種、OS

iOS9.0以上のiPad(64ビットに対応した、iPad Air、iPad mini2以降の機種)に対応しております。

協力:東京大学池内・大石研究室

明日香村・東京大学・アスカラボは、複合現実感(Mixed Reality)技術を用いて古代飛鳥京を復元する、「バーチャル飛鳥京」プロジェクトに取り組んできました。現在の景観上に古代の風景を合成表示することで、景観を壊すことなく現状を保護しながら、当時にタイムスリップしたかのような体験ができる仕組みを開発しています。

お問合せ先

奈良県明日香村 総合政策課
E-mail:seisakutobutori-asuka.jp
株式会社アスカラボ 広報担当
E-mail:contactasukalab.co.jp