実物大の住宅を映し出すARアプリ 「AiR-AR」

株式会社ジブンハウス様と共同で「住まい探しの常識を変える」をコンセプトとしたサービス「AiR」のシステム開発を行いました。

AiR-ARアプリはAiRサービスの一部として住まい探しをAR技術を使ってサポートするアプリとなります。

AiRの開発事例についてはこちらをご参照ください。


AiR-ARでできること

不動産業界では、マイホームを建てたいけれどもどんなデザイン・構造なのかを消費者がイメージできず決められないという課題が従来からありました。

AiRではAIとAR技術でその課題を解決し、自分にぴったりなマイホームを提案してくれるサービスです。

AiRサービスではまず土地形状と建物形状を分析し購入予定地に合う建物をマッチングします。次にAIがその組み合わせの中から、自分の趣向・ライフスタイルに合う建物を提案してくれます。そして、AiR-ARはスマホをかざすだけでAIが提案した建物を現実世界に実物大で映し出すことで住宅決定の後押しをするツールとなります。

建物は外観だけでなく内観も作り込んでいるため、実際に建物内に入って歩き回ることや、建物自体を動かして二階部屋を見ることもできます。

AiRと組み合わせてAiR-ARを使うことで、GPS情報をもとに自分がいる土地形状に合う建物を抽出して目の前に映し出すことができます。また、AiR-AR単体でもおすすめの建物をどこでも体験することができ、モデルルームの擬似体験としての利用もできます。


アプリは上記からダウンロード可能です。

対応機種はこちらのページの最下部をご確認ください。

AiRサービスの詳細はニュースリリースをご参照ください。